JPモルガン・アセット・マネジメント

2015年第1四半期(1-3月)の見通し JPモルガン・アセット・マネジメント

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは2月5日に報道関係者向けセミナーを開催した。世界はデフレに陥るのか、米国の景気拡大は続くのか、実質賃金の上昇は日本経済にとってプラスかなどの注目トピックと、2015年のグローバル経済および金融市場の見通しが語られた。

続きを読む>>

14年度下期に向けたグローバルマクロ投資環境 JPモルガンAM 記者ブリーフィング

概 況

予想外に低水準が続く米国長期金利と好調な米国株式市場との間に調整リスクはあるのか。大幅な資金流出後にいったん流入に転じた新興国、あるいは日本株市場の見通しなど、2014年度下期の内外経済・金融市場の注目ポイントを、JPモルガン・アセット・マネジメントの榊原可人氏が解説。8月25日に開催された記者ブリーフィングの内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

2014年下半期の見通し JPモルガンAM メディアセッション

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは7月29日に報道関係者向けセッションを開催。注目トピックやグローバル経済および金融市場の2014年下半期見通しなどが語られた。

続きを読む>>

「JPMグローバル医療関連株式ファンド」パフォーマンス好調! JPモルガンAM メディアセッション

個 別

ナイジェル・エメット氏 フランシス・ゲホールド氏

海外では長期的な投資テーマとして既に広く認知されている医療関連株。ディフェンシブセクターとしての安定感と、目覚ましい業績拡大を遂げるバイオテクノロジー企業などにけん引される成長株との側面を併せ持つ。2009年より「グローバル・ヘルスケア・ファンド」を運用するJPモルガン・アセット・マネジメントは2月24日、海外拠点からクライアント・ポートフォリオ・マネジャーが来日して運用説明会を開催。セクター外観とファンドの運用状況が語られた。

続きを読む>>

2014年のグローバル・マクロ投資環境 JPモルガンAM 記者ブリーフィング

概 況

引き続き量的緩和縮小の動きに注意を払う展開が続くだろう。一方で、投資家のリスクテイクをサポートするような各種政策も打ち出されることが予想され、米国を中心とした景気改善は今後も続くとみる。

続きを読む>>

アーク東短オルタナティブ 厚年基金解散ラッシュ控え、PEファンド売却で出番 

概 況

鈴木英典氏

PE(プライベート・エクイティ)ファンドの募集販売などを手掛けるアーク東短オルタナティブは、1月中旬の東短グループ入りを機に、積極的な業容拡大を目指している。今後、解散が相次ぐとみられる厚生年金基金の資産売却、現金化に対応した事業展開にも注目が集まるところ。現在の国内オルタナティブ(代替投資)事情なども交え、先にJPモルガン・アセット・マネジメントから転身した、鈴木英典取締役(写真)に話を聞いた。

続きを読む>>

グローバルマーケット下半期の見通し JPモルガンAM

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは10月31日に報道関係者向けセミナーを開催。米国、日本、新興国経済の現状と今後の見通しが語られた。スピーカーは、グローバル・マーケット・ストラテジストの重見吉徳氏。同社が投信販売会社向けに最新マーケット情報のインプットやフォローアップなど各種情報発信を行う、販売支援プログラム「マーケット・インサイト」専任のストラテジストを務める。

続きを読む>>

日本株市場の見通しと運用戦略 JPモルガンAM セミナー 

概 況

水澤祥一氏

先ごろ衆議院選挙という重要イベントを無事通過した安倍政権。足元では引き続きボラタイルなマーケット環境が続くも、中長期的には「日本株式は上昇するポテンシャルを秘めており、足元のバリュエーションなど条件も悪くない」と語るのが、JPモルガン・アセット・マネジメントPRG運用本部長、ポートフォリオ・マネジャーである水澤祥一氏だ。今回は同社が7月25日に開催した「記者ブリーフィング」における水澤氏の講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

グローバル経済・市場分析 JPモルガン・アセット・マネジメント 

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは4月26日、メディア・ランチセッションを開催した。3月からグローバル・マーケット・ストラテジストに迎えた重見吉徳氏が、投信販売支援プログラム「Market Insights」の中核として3カ月ごとに更新される冊子「Guide to the Markets」最新号を用いながら、米国や中国をはじめとするグローバル経済や、債券、株式、為替市場を理解する上で欠かせない旬のトピックなどについて、以下のように語った。

続きを読む>>

日興JPM環太平洋ディスカバリー・ファンド(愛称:TPパワー) JPモルガン・アセット・マネジメント

個 別

川嶋昭臣氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは4月26日、日興JPM環太平洋ディスカバリー・ファンド(愛称:TPパワー)を設定した。これは、環太平洋地域(日本などアジア、オセアニア、北米、中南米)の成長を取り込みながら伸びていく環太平洋地域の企業の株式に投資する追加型投信。

続きを読む>>

「JPM北米高配当・成長株ファンド」4月11日設定 JPモルガン・アセット・マネジメント

個 別

立原芙佑子氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは11日、「JPM北米高配当・成長株ファンド」を設定した(販売は丸三証券)。追加型のため、今後も随時買い付け可能だ。

続きを読む>>

JPモルガンAM 2013年展望  注目高まる日本株 

概 況

榊原可人氏

昨年末から著しい戻り相場が続く日本株市場。このトレンドは2013年も継続するのか――。JPモルガン・アセット・マネジメントは1月23日に報道機関向け説明会を開催。「財政の崖」問題を当面回避させた米国景気の行方、新指導部下の中国の展開など、世界の金融市場や日本株市場を占う上で注目すべきトピックについて語られた。

続きを読む>>