国際投信投資顧問

米ハイ・イールド債の良好な投資環境に着目 国際投信投資顧問 「US短期ハイ・イールド債オープン 愛称:スプリンター」

個 別

金井和人氏

同ファンドは、米ドル建の短期ハイ・イールド債券に投資する。米ドル建の短期ハイ・イールド債券を投資対象にしたファンドで、同社は単位型のシリーズ化したものを設定しているが、追加型では今回が初めてという。ファンドの特徴や仕組み、魅力、また、米ドル建のハイ・イールド債券の投資環境などについて、同社商品企画部副部長の金井和人氏に聞いた。

続きを読む>>

複利効果を活かしながらグローバルな長期分散投資 国際投信投資顧問「トレンド・アロケーション・オープン」

個 別

吉田研一氏

国際投信投資顧問が設定・運用しているバランス型ファンドである「トレンド・アロケーション・オープン」(略称トレアロ)がNISA(少額投資非課税制度)対応商品として注目されている。グローバルな資産に分散投資する同ファンドは2013年12月末、基準価額が1万1,126円となり過去最高値を更新した。

続きを読む>>

「ワールド・リート・オープン(資産成長型)」(愛称:ワールド・リートN)  国際投信投資顧問

個 別

八木孝幸氏

世界各国のREIT(不動産投資信託)に分散投資する「ワールド・リート・オープン(資産成長型)」(愛称:ワールド・リートN)を設定する。これは、2014年1月にスタートするNISA(少額投資非課税制度)向けファンドラインアップ「Nシリーズ」の1つ。同社のシニアポートフォリオマネージャーの八木孝幸氏に新ファンドの特徴などを聞いた。

続きを読む>>

「グロソブ」にNISA向け資産成長型が登場 国際投信投資顧問

個 別

堀井正孝氏

国際投信投資顧問は11月15日に「グローバル・ソブリン・オープン」(資産成長型)愛称:グロソブNを設定する。「グロソブ」でおなじみ、日本の公募投資信託を代表するファンドの「グローバル・ソブリン・オープン」(毎月決算型)と同じマザーファンドを通じて運用を行う。

続きを読む>>

4資産でリスク抑えた運用目指す 「リスク・パリティαオープン」国際投信投資顧問

個 別

前川一幸氏

「リスク・パリティ戦略」を基本にアノマリー活用 外部委託運用部 ポートフォリオマネージャー 前川一幸氏 国際投信投資顧問は22日、「リスク・パリティαオープン」を新規設定した。同ファンドは、アキラ・キャピタルが運用する、…

続きを読む>>