フィデリティ投信

「フィデリティ・日本変革ファンド」運用開始から1年、運用担当者が語る中小型株市場における銘柄選択の視点

個 別

松井亮介氏

急激に進んだ円安を受けて、9月の日本株市場では主力大型株がにぎわった。一方、10月1日発表の日銀短観では非製造業や中小企業の景況感悪化が確認されるなど、日本経済の動向に対する懸念も噴出している。

続きを読む>>

フィデリティ投信 日本株講演会

概 況

フィデリティ投信は4月17日に報道関係者向け講演会を開催した。「日本株市場の第1四半期レビューと今後の見通し」と「安倍政権の成長戦略に関する考察」をテーマに行われた講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

中小型株式市場の動向と注目点 フィデリティ投信 運用担当者2氏が語る

概 況

檜垣慎司氏、松井亮介氏

フィデリティ投信ではこのほど、「フィデリティ・日本小型株・ファンド」などを運用する檜垣慎司(ひがき・しんじ)氏と、今年9月末に新設された「フィデリティ・日本変革ファンド」の運用を担当する松井亮介(まつい・りょうすけ)氏がそれぞれ足元の市場の見方や銘柄選定ポイントなどについて、記者向けに語った。その要旨を紹介する。

続きを読む>>

70代投資家の実像 男性「日本株」、女性「毎月分配型ファンド」選好が鮮明 フィデリティ投信「投資家3,000人アンケート」結果

概 況

フィデリティ退職・投資研究所 所長 野尻哲史氏

昨今、高齢者の投資勧誘に関する新たなガイドライン制定が話題に上っている。フィデリティ退職・投資教育研究所は今年9月上旬に実施し、3,297人から回答を得た「投資家アンケート」の結果から70代の回答者545人のデータを抽出、投資に関する傾向の分析を行った。

続きを読む>>

米英年金、DB(確定給付型)からDC(確定拠出型)への移転進む フィデリティ投信「米英DCセミナー」開催 

概 況

フィデリティ投信は10月15日、「米国・英国のDC最新事情」をテーマにセミナーを開催。DCに精通する両国の担当者が来日して、それぞれの国の加入状況やラインアップの変遷など最新事情が解説された。

続きを読む>>

5年ぶり日本株F新規設定 フィデリティ投信

概 況

アレキサンダーR・トリーヴス氏

フィデリティ投信は9月26日、日本の中小型株を主要投資対象とする「フィデリティ・日本変革ファンド」を新規設定する。同社が日本株ファンドを設定するのは5年ぶり。

続きを読む>>

浮かび上がる「50代シングルズ」の実像 フィデリティ投信「サラリーマン1万人アンケート」から分析

概 況

野尻哲史氏

フィデリティ投信のフィデリティ退職・投資教育研究所は、4月に実施したサラリーマン1万人アンケート(会社員・公務員を対象に4月5-12日かけてインターネットを通じて実施、回収サンプル1万1,507人)で得られたデータを基に「50代シングルズ」を深堀分析した。ほかではあまり見られないユニークな試みで、そこから浮かび上がった実像について、フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史氏が語った。

続きを読む>>

フィデリティが語る『米国リート市場』の今

概 況

スティーブ・ビューラー氏

フィデリティ投信は2月7日、会員向けに同社の2大旗艦ファンドをテーマにしたセミナーを開催した。「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」を運用するハーリー・ランク氏と、「フィデリティ・USリート・ファンド」を運用するスティーブ・ビューラー氏が来日、ファンドの運用状況や魅力を語った。今回は、後者スティーブ・ビューラー氏による講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

米国フィデリティが語る『米国ハイ・イールド債券市場』の今

個 別 概 況

ハーリー・ランク氏

世界経済を暗雲が覆った2012年、投資家の視線は、先進国の中では相対的にファンダメンタルズが良好だった米国に向き、中でも、高利回りが期待されるハイ・イールド債券やリートが大きな脚光を浴びた。両資産を投資先とする国内最大ファンドを運用するのがフィデリティ投信だ。同社は2月7日、2大旗艦ファンドの「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」と「フィデリティ・USリート・ファンド」をテーマにした会員向けセミナーを開催。運用担当者を米国から招集して、ファンドの運用状況や魅力が語られた。今回は、「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」運用担当者ハーリー・ランク氏による講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>