ドイチェ・アセット・マネジメント

エネルギー関連事業に投資する「MLP」 ドイチェ・アセット・マネジメント「米国MLPファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり)/Bコース(円ヘッジなし)」 

個 別

菊地彩香氏

。MLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)は、日本ではなじみが薄いが、米国のシェール革命をきっかけに一躍注目を浴びている。日本にも、ヨーロッパにもなく、アメリカのみに存在する。

続きを読む>>

欧米経済の現状と今後の見通し ドイチェAM マクロ展望 記者説明会

概 況

2010年のギリシャ債務危機が発端となり、ユーロ圏では約2年もの間マイナス成長が続いていた。しかし、13年4-6月期のGDP(国内総生産)は前年同期比0.3%増と、7四半期ぶりのプラス成長となり、ユーロ圏は戦後最長のリセッションから抜け出しつつある。ドイチェ・アセット・マネジメントは10月24日、同社が所属するドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント(ドイツ銀行グループの資産運用部門)の共同CIO(最高投資責任者)であるアソカ・ヴァマン氏を招き、マクロ展望をテーマにした説明会を開催。米国・欧州を中心とした世界経済の現状と今後の見通しが語られた。

続きを読む>>

転機を迎える日本の投資信託 「毎月分配型」集中が解消の可能性 ドイチェAMセミナー

概 況

藤原延介氏

2014年1月より証券税制が改正されると同時に、NISA(少額投資非課税制度)がスタートする。足元では証券会社など金融機関によるNISA口座獲得競争が起きているが、今後は投信の商品性そのものが大きく変化するなど、マーケットに大きなインパクトを与える可能性があるという。ドイチェ・アセット・マネジメントは7月12日に報道関係者向け勉強会を開催。ファイナンシャル ストラテジストの藤原延介氏が、投信業界のNISAにまつわる最近の動きと今後の見通しを語った。

続きを読む>>