あおぞら投信 柳谷俊郎社長に聞く 公募投信第1号「ぜんぞう」をコア商品の一つに

個 別

柳谷俊郎氏

あおぞら銀行が2月に全額出資で設立した「あおぞら投信」が5月15日業務を開始し、7月に公募投信の第1号商品「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2014-08 愛称ぜんぞう」の募集を開始した。

続きを読む>>

2014年下半期の見通し JPモルガンAM メディアセッション

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは7月29日に報道関係者向けセッションを開催。注目トピックやグローバル経済および金融市場の2014年下半期見通しなどが語られた。

続きを読む>>

利回りと信用力両面への配慮が基本コンセプト 日興アセットマネジメント「欧州社債ファンドAコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)」

個 別

日興アセットマネジメントは、追加型投信「欧州社債ファンドA コース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)」を8月19日に設定する。グローバルでの社債マーケットといえば、米国が圧倒的なシェアを占めるが、欧州も急速に成長しつつある。

続きを読む>>

カジノを含むIR(統合型リゾート)を投資対象とした日本初の公募投信が誕生

個 別

宗正彰氏、藤井徹也氏

三井住友アセットマネジメントの投信ブランド「YOURMIRAI(ユアミライ)」のシリーズ第4弾は「カジノを含む統合型リゾート」。国内には約5000の公募投信があるものの、「リゾート」を切り口にしたファンドはほかに存在しない。ファンドの発起人に設定の背景を聞いた。

続きを読む>>

世界・アジア資産運用業界の現状と見通し(後編)

概 況

ジョセ・ベンジャマン・ロンレ氏

前編に続く、世界およびアジアの資産運用業界についての現状と今後の見通しなどについてPwC(プライスウォーターハウスクーパース)の専門家に聞いた後編は、ジョセ・ベンジャマン・ロンレ氏と、前編のジャスティン・オング氏(PwCシンガポール法人 パートナー、PwCアジア・パシフィック資産運用リーダー)が再登場。

続きを読む>>

世界・アジア資産運用業界の現状と見通し(前編)

概 況

ジャスティン・オング氏

PwC(プライスウォーターハウスクーパース)がこのほど東京で開催したグローバル・ファンドセミナーの講演のため、ジャスティン・オング氏(PwCシンガポール法人 パートナー、PwCアジア・パシフィック資産運用リーダー)と、ジョセ・ベンジャマン・ロンレ氏(PwCルクセンブルク法人 パートナー、マーケテイングリーダー、グローバル・ファンド・ディストリビューション・リーダー)が来日した。

続きを読む>>

JPモルガン・アセット・マネジメント「年金運用動向調査結果」発表

概 況

鈴木規夫氏、國京彬氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは6月30日、日本の企業年金を対象に2013年度から14年度にかけての運用状況の変化や今後の方向性を聞き取りした調査結果を発表した。

続きを読む>>

25年以上にわたる幅広い分散と柔軟な運用 ブラックロック「グローバル・アロケーション運用戦略」

概 況

ダン・シャンビー氏

運用資産世界最大の運用会社、ブラックロックの旗艦運用戦略の一つである「グローバル・アロケーション運用戦略」は10.4兆円と世界最大級の規模を誇る。今回、この戦略のポートフォリオ・マネージャーの一人であるダン・シャンビー氏が来日した。

続きを読む>>

「インド」セミナー開催 モディ新政権誕生、改革の期待高まるインドの現状と今後 イーストスプリング・インベストメンツ

概 況

クリシュナ・クマール氏

日本最大級のインド株式ファンド「イーストスプリング・インド株式オープン」の主要投資対象である「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・エクイティ・オープン・リミテッド」のファンドマネジャー、クリシュナ・クマール氏がこのほど来日。インドの経済や株式市場の見通しなどが語られた。

続きを読む>>

フィデリティ投信 「資産成長型」コースのファンド拡販に注力

概 況

太田創氏

金融庁はこのほどNISA(少額貯蓄非課税制度)口座の利用状況などについて発表した。NISA口座開設数(3月31日現在)は650万3,951口座。制度導入時点(1月1日)の約475万口座から、3カ月で約175万口座、約37%増。

続きを読む>>

3 / 2312345...1020...最後 »