ブラックロック・グループ  ETFの「iシェアーズ」、2012年の資金流入額は853億ドルに  米国上場は610億と過去最高を記録

個 別


世界有数の資産運用会社であるブラックロックはこのほど、2012年の世界のETP (Exchange Traded Products) 市場への新規資金流入額が過去最高の2627億ドルとなり、そのうち同社の「iシェアーズ」への新規資金流入額は853億ドルに達したと発表した。

iシェアーズは、ブラックロック・グループが設定・運用するETF(上場投資信託)のトップ・ブランド。株式、債券、コモディティにわたって、全世界で約600本以上のファンドが20の証券取引所で取引されている。同社はiシェアーズが世界的に業界をけん引している、としている。

ETPは、証券取引所で取引され、一定のポートフォリオへのエクスポージャーを提供する商品に対する包括的な用語を指す。一般に知られているETFはETPの一部に含まれている。

ブラックロックによると、全地域でiシェアーズ・ビジネスの成長が見られた、としている。米国上場のiシェアーズは2012年の資金流入額が過去最高の610億ドルに達し、2007年に記録した流入額(591億ドル)を上回った。欧州では、ETPへの資金流入額が183億ドルを記録、その中でiシェアーズへの資金流入額は全体の56%を占めた。また、カナダでのiシェアーズ・ビジネスも好調で、運用資産残高は420億ドルに増加した。カナダ市場では、2012年に、ETFの運用資産が全地域中で2番目に高い伸びを記録した。

iシェアーズの運用資産残高は2012年12月31日現在、世界全体で7586億ドルに達している。ETPは過去にないほど幅広いグローバルな投資家の資金を呼び込んでいる、と指摘している。その背景には、各地域での規制の整備や、ETPの流動性の拡大などに加え、個人投資家や機関投資家の間でETPのメリットがより知られるようになったことも大きな要因としている。ETPは効率的なツールであり、戦略的・戦術的アセット・アロケーションや、ニッチなエクスポージャーやセクターへのアクセス、キャッシュ運用、そしてリスク管理やヘッジなどに利用することが可能。

iシェアーズのグローバルヘッドであるマーク・ウィードマンは、次のようなコメントを寄せている。「iシェアーズは、高い流動性を求めている資本市場の参加者から、特殊なエクスポージャーを求めている投資家、さらには、昨今拡大が顕著な、ETFをバイ・アンド・ホールドの投資対象として利用する投資家層にまで、あらゆるタイプの投資家にとって主力の金融商品となっています」

「ETF業界における最大手のプロバイダーとして、iシェアーズは世界中のお客さまのニーズに応えるためにグローバルにプロダクトを提供しています。例えば2012 年には、アジアやラテンアメリカの投資家は、現地で組成された20億ドルのiシェアーズに加え、100億ドルを超える米国上場および欧州上場のi シェアーズを購入しました」

「またETFは債券市場にアクセスするための極めて重要な手段として、さまざまなタイプの投資家の利用が拡大しており、債券ETFへの資金流入は世界的に増加しました。iシェアーズの債券ETFへの資金流入額は288億ドルとなり、これは全世界の債券ETFへの新規資金流入額の41%を占めました」

戻る