概 況

2015年第1四半期(1-3月)の見通し JPモルガン・アセット・マネジメント

概 況

重見吉徳氏

JPモルガン・アセット・マネジメントは2月5日に報道関係者向けセミナーを開催した。世界はデフレに陥るのか、米国の景気拡大は続くのか、実質賃金の上昇は日本経済にとってプラスかなどの注目トピックと、2015年のグローバル経済および金融市場の見通しが語られた。

続きを読む>>

楽天証券「新春講演会2015」開催 日本そして世界の今を知り、これからの投資を考える

概 況

楽天証券は1月18日に「新春講演会2015」をパシフィコ横浜で開催。10回目となる今年は3,000人の定員を100人以上も上回る個人投資家がつめかけた。講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

アカディアンの強みと戦略 アカディアン・アセット・マネジメント・ジャパンがスタート

概 況

ロス A.ダウド氏、石井誠二氏

アカディアンの全世界での運用資産額は700億ドルに上っている。アカディアンの特徴や強み、日本市場への本格進出の背景や今後の展開などについて、アカディアン・アセット・マネジメントLLCのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるロス A.ダウド氏と、アカディアン・アセット・マネジメント・ジャパンの日本における代表者の石井誠二氏に聞いた。

続きを読む>>

HSBCグローバル経済セミナー「米国のゼロ金利離脱とグローバル経済・金融動向」

概 況

城田修司氏

2015年、FRB(米連邦準備制度理事会)は事実上のゼロ金利政策を解除して利上げに踏み切る見通し。一方で、ECB(欧州中央銀行)と日銀は景気回復やデフレ脱却を目指して緩和スタンスを強化する方向にある。このような主要3カ国・地域(G3)の政策の相違はグローバル金融市場を共振させ、新興市場経済を大きく揺るがす恐れも。HSBCは昨年12月22日に「グローバル経済セミナー」を開催して、15年の見通しを語った。

続きを読む>>

新興国経済・投資2015年展望 HSBC投信 代表取締役社長 松田宇充氏

概 況

松田宇充氏

米国が量的緩和縮小に転じて以降、新興国投資のリターンは国別格差が拡大している。2015年の新興国における相場展望と投資戦略を、HSBC投信の松田宇充社長に聞いた。

続きを読む>>

「インド経済の現状と行方 ~モディ新政権誕生のその後~」イーストスプリング・インベストメンツ インド経済セミナー開催

個 別 概 況

カルン・マルワ氏

「イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド」や「イーストスプリング・インド消費関連ファンド」を運用するイーストスプリング・インベストメンツは11月28日にインド株セミナーを開催した。同社の属するグループのインドに特化した運用会社であるICICIプルーデンシャル・アセット・マネジメント・カンパニーより担当者が来日して、インドの最新の経済状況や今後の行方などが語られた。

続きを読む>>

「不易流行」のスタンス重視 ベアリング投信投資顧問 和田浩己新社長に聞く

概 況

和田浩己社長

当社の商品ラインアップにはデリバティブ(派生商品)を使ったものはない。原資産を買う、いわゆるロングオンリーの商品だ。コンサバティブ(保守的)な運用会社と言うことができよう。

続きを読む>>

Fedと米金融経済の現状・見通し、そして日本への期待 ルーミス・セイレス副会長ダン・ファス氏語る

概 況

ダン・ファス氏

アメリカの大手資産運用会社のルーミス・セイレスの副会長で同社旗艦ファンドである「ルーミス・セイレス・ボンド・ファンド」をはじめ複数の債券ポートフォリオの運用を担当しているポートフォリオマネジャーであるダン・ファス氏がこのほど来日した。

続きを読む>>

「株主利回り」に着目した投資の魅力 マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン

個 別 概 況

エリック・サッペンフィールド氏

政府が成長戦略の中で企業統治の強化やROE(自己資本利益率)の向上などを掲げたことで、近年は投資家の間でも「株主還元」に対する意識が高まっている。国内公募ファンドでは「好配当」を切り口としたものが多数存在するが、中で、配当利回りにとどまらない「株主利回り」に着目したのが「マニュライフ・新グローバル配当株ファンド(毎月分配型)」だ。

続きを読む>>

投資家層が拡大するETFの魅力 楽天証券「ETFカンファレンス2014」開催

概 況

売買の利便性や低コストなどの理由から投資家層が拡大するETF(上場投資信託)。楽天証券は11月8日、ETFの専門家を招いて講演を行う「ETFカンファレンス」を開催した。約280人の個人投資家が集結したイベントの講演内容を抜粋して紹介する。

続きを読む>>

1 / 1312345...10...最後 »